海外セレブ&ハリウッドのファッション&ゴシップ

ヴィヴィアン・ウエストウッド、服は量より質を大事に

英ヴォーグ誌でのナオミ・キャンベルとの対談の中で、こう話す。「今年中にでも何か起こらなきゃ。そうでないと遅すぎる」「自分が送っている生活を生きているだけじゃ足りないのよ。3R 、 Reduce(削減)、Reuse(再利用)、Recycle(リサイクル)をきちんと実行しなくては」「買う服を減らすことね。量じゃなくて質を大事に。ずっと着ていたいかどうかがポイントよ。イブニングドレスで仕事に行ったっていいわ。そうしたいならね」

また、ヴィヴィアンは自身の仕事は活動家とデザイナーが組み合わさったものだと考えているようで、「説得力を持たせたかったら、身だしなみもとても大事よ。きちんとしていたら、人々もあなたに耳を傾けるから」と続けている。

そしてナオミも、自身がまだ16歳だった時に慈善活動の道を歩み始めたとして、友人のケイト・モスと共にヴィヴィアンとお茶を飲んだことを回想し、こう話した。「あなたは私達を座らせて、世界で意識的であることについて話をしてくれたわね」「あの話は私に大きな影響を与えたの。南アフリカでネルソン・マンデラ氏と一緒に仕事し始めた頃だったしね。だからまだ全てが私には新しかった。今では慈善活動とかいった響きのいい言葉があるけどね。私にとっては単に、自分がやりたいからやるって感じだったわ」