海外セレブ&ハリウッドのファッション&ゴシップ

ジェニファー・ローレンスが挙式へ

セレブ御用達ウェディングプランナーのマーク・シードが企画した結婚式には、150人ほどのゲストが招待されており、バーボンベースのカクテル、オールド・ファッションドや、ジン・きゅうり・ラベンダー・シャンパンが振舞われるとTMZが報じている。

また食事のメニューも判明しており、鱈のベニエ、サツマイモのポテトケーキ、芽キャベツと漬けた黄身、豚のバラ肉の燻製とリンゴのピクルスといったオードブルから始まり、メインには、魚のローストのハーブレモンバター添え、もしくは5週間熟成ビーフの採食者ソースに人参ローストと新ジャガの燻製、キャベツの蒸し煮といったサイド、そしてデザートは、サワードウパンのブレッドプディングのチョコレートと塩キャラメル、リンゴ添えや、フリッターのバーボンクリームとシナモンシュガー添え、そして手作りマシュマロのスモアをサーブするのだとか。

一方で2人は先月、2人の警護と友人、そしてセレブのポートレートを手掛けることで知られる写真家マーク・セリガーと共にニューヨークの役所の結婚窓口を訪れていたところを目撃され、すでに結婚したのではないかと噂されていた。

そんなジェニファーは以前、ギャラリー経営者のクックと出会った瞬間に、結婚したいと思ったと明かしていた。

「彼は、私が出会った中で最高の人間よ。本当にね。それにもっと良くなってきている。まず『私はどのように感じている?良い人?親切な人?』って基本的なことから始めたの。彼が運命の相手なの。馬鹿げて聞こえるかもしれないけど、彼なのよ。彼は私が会った中で最高の人よ」